法人理念・方針

法人理念

どんなに障がいが重くても、自己選択、自己決定、自己責任において、
自分が望む地域で暮らせる社会を目指す。

方針

  1. 私たちは、障がいを持つ方の「地域移行」「地域生活」「日中活動」を支援します。
  2. 私たちは、このような社会を実現するための運動をしていきます。
  3. アンビシャスは、障がい者自らが地域社会における力をつけるため、学び・考え・実践し、社会の中で役割を持ち一歩踏み出す場とします。

アンビシャスを利用する障がい者の皆さんへ。

  • アンビシャスは、地域社会で自立していくための人生の通過的な場です。生きていくための自身と力がつき、次の目標が決まったときには、アンビシャスに限らずいろいろな所で“力”を発揮していきましょう。
  • アンビシャスでは、手足が不自由だからと言って、障がい者ではありません。皆さんが得てきた経験や知識、持っている力をアンビシャス、そしてここで働くスタッフや仲間に分け与えてください。
  • 街をぶらつき歩くことも障がい者にとって大切な仕事です。街に行くと必ず壁にあたります。壁を取り払うのは障がい者だからこそできる仕事であり、社会を変える運動です。
  • 障がいの有無に関係なく、お互いに助け合って活動をし、学びあい、社会に発信していくことを大切にしていきましょう。
  • このような取り組みを率先して行っていきましょう。